2017年の振り返りと2018年の目標(クリエイターとして)

はじめに

2017年の振り返りと、2018年にやりたいことをまとめます。

改めてブログを見返したら、クリエイターというか、ただオランダに移住した人な印象がありました。もっとクリエイター感を出すためにも、今回はクリエイター視点で書いてみようと思います。

2017年の実績

リリースしたアプリ

  • iOSネイティブアプリ:2本
  • Androidネイティブアプリ:1本
  • iOS/Androidゲームアプリ:3本

2017年は 6 本のアプリをリリースしました

 

アプリに新しく取り入れた技術

  • Python
  • TensorFlow
  • AWS(Deep Learningの学習フェーズを実行するためにp2インスタンスを利用)
  • Swift
  • リアクティブプログラミング(RxSwift)
  • Kotlin

※リアクティブプログラミングだけは会社でのみ利用

 

2017年のまとめ

新しい技術に積極的に挑戦した1年だったと思います。2016年は会社の仕事でデータ分析という新しい分野に挑戦したものの、技術的にはSQLぐらいしかやりませんでした。2017年は、言語だけでも3言語を新たに学習しましたし、サーバーサイドの言語やAndroidというこれまでとは違う分野にも挑戦できました。

 

参考:2017年につくったもの

  • 大都会ゴルフ(iOS/Android
    • Unityで作ったゲーム

  • ミュシャっぽく(iOS
    • Deep Learning を使った画像変換アプリ

  • 大都会ボウリング(iOS/Android
    • Unityで作ったゲーム
    • 面白法人カヤックの卒業制作
    • このアプリがアメリカでプチヒットしたのを機に、AndroidのDL数がiOSのDL数を上回る状態が続いている(iOS11のストア変更でiOSのDL数が減った影響もあるけど。。)

  • 料理メニュー翻訳(iOS
    • オランダのレストランで、オランダ語のメニューが全然読めないし料理写真もなくて不便だからと、自分の悩みを解決するために作ったアプリ
    • 同僚からの評判は良かったものの、同じ境遇の人がレアなためか、DL数は微妙。。

  • 雪のフリーキック(iOS/Android
    • Unityで作ったゲーム
    • オランダで大雪が降ってつらかった気持ちを込めて作ったクソゲー

  • 印象派なう(Android
    • Androidネイティブアプリデビュー作
    • Kotlinで作った
    • 6年前に作ったiOSアプリのAndroid版
    • 画像処理部分はiOSアプリのものを流用(C++/OpenCV)
    • 2017年リリースに間に合わせるため、1週間で開発(´・ω・`)

 

2018年にやりたいこと

2017年は様々な新しい技術に挑戦しました。しかし、リリースしたアプリはどれもクライアントで完結 or 外部サービスをちょっと呼び出す程度です。

2018年はサーバーサイドに進出したいと思います。

これは、技術的な観点というのもありますが、前職や現職でサービス開発をしていて、個人でも(リリースして終わりではない)サービス開発をしたくなった、というのが大きいです。

といっても、いきなりサーバーサイドをゴリゴリ書くというのではなくて、まずは AWS Lambda などを使ったサーバーレスアーキテクチャをやってみるつもりです。

 

次回予告

クリエイター視点以外での振り返りも書きたい

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です