【書評】iOSデバッグ&最適化技法 for iPad/iPhone

メモリ管理方法やデバッグ作業の入門書です。

ARCの登場によってメモリ管理は楽になりました。しかし、メモリ管理の仕組みを知らずに実装しているといくらARCを使っていてもクラッシュしてしまうことがあります。

本書では、ARC の登場以前のメモリ管理の仕組みを、サンプルプログラムを交えて具体的に説明されています。個人的にはメモリの管理部分はARCに任せっきりで、何かエラーが起きたらググって対処するという場当たり的な対応をやっていたので、かなりスッキリしました。

他にも、これまでおまじない的に使っていた assign, retain, copy 属性の振る舞いが詳しく説明されていて、かなり理解が進みました。

また、デバッグの方法も丁寧に解説してあります。Visual Studio に慣れきって、Xcode のデバッグがよく分からないといった人(自分)にもオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です