オランダ行きを決断するまでに考えたこと

はじめに

オランダに移住することを色んな人に伝えたところ、「よく決断したね」とか「度胸あるね」とか言われました。個人的には、大阪に引っ越すような感覚+αな感じで、そんなに大ごとではないと考えています。今回は、僕がオランダ移住を決断するまでに考えたことを書きます。

海外移住のハードル

海外移住には、国内の引越しにはないハードルがいくつかあると思います。以降、僕が考えたハードルを、重要だと考えた順に挙げていきます。

ヤングジャンプが読めなくなる

ヤングジャンプは電子化されておらず、海外ではヤングジャンプが読めません。これは、僕だけではなく多くの日本のソフトウェアエンジニアにとって、海外移住最大のハードルの一つかと思います。「キングダム」や「天才たちの恋愛頭脳戦」の読めない生活は、想像するだけで泣きそうになってしまいます。

では、このハードルをどのように乗り越えたかというと、

知りませんでした

ジャンプやマガジンが電子化されているから、当然ヤングジャンプも電子化されていると思っていました。知ったのは、(内定を受諾して)ビザの申請が開始された後です。さすがに、ヤングジャンプが読めなくなるからやっぱりオランダ辞めますとは言えず、自動的にハードルを乗り越えました。

去年買ったばかりの洗濯乾燥機を手放さないといけなくなる

僕の16年にもおよぶ独り暮らしの歴史を2つに分けるとするならば、洗濯乾燥機を買う前と後。それぐらい、洗濯乾燥機は僕の人生を大きく変えました。「オランダにはこの洗濯乾燥機を手放すだけの価値はあるのだろうか」ということは最後まで悩みました。しかし、オランダにも乾燥機はあるっぽい雰囲気だったため、思い切って手放すことを決意しました。

映画館で海外の映画を観れなくなる

もともと映画館に観に行くことはそんなにないし、最近はすぐにiTunes化されるから、まあ良いかと思いました。

まとめ

海外移住と聞くとすごいイメージがあるかもしれませんが、冷静に考えると、そんなに大したことではありません。むしろ、国内の引越しと共通のハードルの、「人間関係を0から構築しないといけなくなる」とか「友人と(気軽に)会えなくなる」等の方が大きいかと思います。

要するに、オランダ移住は大阪に引っ越すような感覚+αな感じです。

次回予告

オランダ生活を書いていくよ!

オランダで働くことになった理由

はじめに

前回の投稿では「東京で働くつもりだったのにオランダで働くことになった」という話をしました。今回は「なぜオランダで働くことになったのか」を書こうと思います。

長い話になってしまうため、まず大まかな流れを書いて、その後詳細を記述していきます。

あらすじ

普通に東京の会社に転職する気満々で求人サイトを検索していたら、偶然オランダの求人が引っかかり、軽いノリで受けたら内定を頂いて行くことになった、という感じです。

以下、詳細です。

転職活動を開始してからオランダの求人を見つけるまで

カヤックでは主にiOSエンジニアとして働き、最後の1年強をデータ分析の仕事にも携わったため、メインでiOSエンジニア+サブでデータサイエンティスト的な職種の仕事を探しました。
※個人でゲームアプリをリリースしているせいか、仕事でもゲームを作っていると思われているようですが、仕事でゲームを作ったことはありません

色々調べた結果、東京のiOSエンジニアの求人は大体、受託 or ソーシャルゲームで、たまにスタートアップを見かけるという感じでした。しかし、受託やソーシャルゲームにはあまり興味がなく、かといって見知らぬスタートアップに飛び込む勇気もありません。一方、データサイエンティストの求人は、スキルセット的に厳しい感じでした。

どうするかなーと、最近話題の Wantedly で適当に検索していたところ、オランダの求人が偶然引っかかりました。

オランダの求人に応募

日本の求人サイトなのに、どうしてオランダの求人があるんだろう?と疑問に思いつつ、求人の詳細を確認すると、日本人がつくった会社のようでした。会社のHPも日本語版があり、求人内容なども日本語で確認できました。

もともと海外で働きたい気持ちはあったものの、海外で働く方法がわからず、転職対象として考えていませんでした。

ところが、目の前には日本語で書かれた求人票があり、応募手順も履歴書と職務経歴書をメールで送るだけです。

もうこれは応募するしかない!と興奮しながらメールを送信しました。

なぜ海外か

ここまで読むだけだと、なんで海外やねん、と思うかもしれません。

僕が海外で働きたい理由は単純で、
世界には何百カ国もの国があるのに、日本しか知らずに死んじゃうのはもったいないから
です。

グローバル化がどうとか、そういう意識高い系な理由ではありません。

なぜオランダか

上述した通り、オランダなのは、たまたまです。もしアメリカの求人があればアメリカを選んだだろうし、ドイツの求人があればドイツを選んだと思います。

そして内定へ

応募から10日後、書類選考通過の連絡が届きました。

その後、スカイプ面接1回とプログラミングの課題を提出した結果、内定を頂きました。もうその頃にはオランダに行く気満々で、多少の質問を確認後、オランダ行きを決意しました。

次回予告

オランダに移住することを色んな人に伝えたところ、「よく決断したね」とか「度胸あるね」とか言われました。個人的には、大阪に引っ越すような感覚+αな感じで、そんなに大ごとではないと考えています。次回は、僕がオランダ移住を決断するまでに考えたことを書いてみたいと思います。

(早速ブログの更新を忘れていたため、ちゃんと更新するように次回予告をしてみました)
(ブログのネタを募集しています。ご質問やオランダに行ったらこんなことを書いて欲しい等があればご連絡ください)

面白法人カヤックを退職してオランダで働くことになりました

昨日は面白法人カヤックの最終出社日でした。

カヤックには2014年5月に入社し、約3年3ヶ月間お世話になりました。

やったこと

Lobi SDKのiOS開発をメインで行いつつ、後半はLobiアプリのデータ分析やiOS開発も行いました。
Lobi SDK: https://developer.lobi.co/ja
Lobi アプリ: https://appsto.re/jp/UYcly.i

Lobi SDKの開発では、アプリにはないSDKならではの開発に苦戦し、データ分析では、SQL、R、Pythonといった新しい言語も学べ、非常に刺激的な毎日を送ることができました。

SDKに関しては、個人開発のゲームアプリ8タイトルにも導入し、いちユーザー(デベロッパー)として継続率向上などの価値を実感することが出来ました。
導入例:ボウリングパズル | ゲーム実況・攻略動画ならLobi Play

前職はお堅い会社だったということもあり、ギャップもあって戸惑うこともあったのですが、
チームメンバーのおかげで楽しく過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

やめた理由

入社以来ずっと開発に携わってきたLobi SDKがサービスを終了することになり、ちょっとテンションが下がっていたところ、オフィスの横浜→鎌倉移転が発表されました。

この鎌倉移転を機に、働く場所について考えた結果、
・社会人になってからずっと神奈川勤務で、東京で働くことに憧れがあった
・日本のシリコンバレー的存在である東京で一度は挑戦してみたかった
という理由から、転職を決意致しました。

これから

9月からオランダに移住し、オランダの会社で働くことになりました。
なぜ東京ではなくオランダかについてはすごく長い話になってしまうため、改めて以下にまとめようと思います。
https://nomadarian.com/archives/823

今のところ、オランダでどれぐらい働くか決めていません。
気に入ってそのままずっと住み続けるかもしれないし、3日で泣きながら帰ってくるかもしれません。
とりあえず1年は働こうと思っています。

これまでを振り返ると、
キヤノン(大企業)→カヤック(ベンチャー)→オランダの会社(海外)
と、レールの上を走らされてる感満載というか、超ミーハーな生き方になってしまいました。
多分、これからもミーハー路線でいくんじゃないかと思います。

社内外でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

これから2

ブログの更新をさぼっていたら、まさかの2連続退職記事になってしまいました。
オランダ移住後は生存報告も兼ねてちゃんとブログを更新するように色んな人から言われているので、がんばって更新していきたいと思います。

キヤノン株式会社を退職しました

2018.3.20 追記:退職してから4年後の話を書きました(一番下にもリンクがあります)
キヤノンを退職して後悔したこと


2014年4月30日付でキヤノン株式会社を退職しました。

キヤノンには2008年4月に新卒で入社し、約6年間お世話になりました。

やったこと

1年目はほぼ研修で、その後オフィス向けのパッケージソフトウェア(これ)の開発を5年間行いました。技術的にはWPFというWindowsのGUIフレームワークを使ったWindowsアプリの開発がメインでした。

所属センターで毎年度末に開催されるアワードで、2012年、2013年にコーディング大賞(年間のステップ数とコードの複雑度が評価基準)を受賞しました。社内では比較的コーディングをする方だったと思います。
(アワード設立が2011年だったので、受賞率は2/3)

やめた理由

1番大きいのは「技術者として生きたかったから」です。

キヤノンに限らず大手メーカーでは技術的な仕事(設計や実装など)は他の会社に丸投げして、それを管理するのが主な仕事になります。元々ものをつくるのが好きでメーカーに入ったのに、このままだと管理業務や雑務に忙殺されてしまう。。という不安があり、やめることを考えるようになりました。

他には、後ろ向きな仕事が多いとか、ノルマのためだけの特許活動が虚しいとか、大手メーカーを辞める人によくあるような理由もあります。

なお、退職理由によくある(らしい)人間関係に関しては特に問題もなく、みんな良い人ばかりだったので、その点は恵まれていたと思います。

きっかけ

上記の理由で、今の会社で働き続けるのはやだなーと感じてはいたのですが、この不景気な状況で大手企業をやめる勇気は出ませんでした。技術的なことをしたいという欲求は土日にiPhoneアプリやAndroidアプリを開発することで抑えつつ、悶々とした日々が続いていました。

そんな中、去年の7月に香港へ旅行に行きました。
それは初めての海外旅行で、ツアーではなく、飛行機やホテルを自分で手配してのものでした。

旅行中、特に何かがあったというわけではないのですが、帰りの香港空港の中で急に「転職しよう」という考えが頭のなかに浮かびました。それまで転職についてちゃんと検討したことはありませんでしたが、一度「転職」という考えが頭に浮かぶと、もうそれ以外の選択肢はないんじゃないかと思うようになり、その場で転職することを決断しました。

といっても、当時担当していたプロジェクト的に、すぐ辞めるというのは流石にちょっと。。という状況だったため、比較的切りの良い今の時期に退職することにしました。

これから

今日から1週間ニートになり、その後Web制作会社で働く予定です。
キヤノンとは規模も分野も違う会社でギャップがすごそうですが、頑張っていきたいと思います。

社内外でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします。


2018.3.20 追記:退職してから4年後の話を書きました
キヤノンを退職して後悔したこと

デブサミ2014に行ってきた(2日目)

昨日に続き、今日もデブサミに行ってきました。

1日目に比べると面白い&刺激的なセッションが多かったです。
資料は下記ページに随時アップされています。

デブサミ2014、講演関連資料まとめ:CodeZine

以下、メモ。Evernoteをコピペしたらレイアウトがおかしくなったので、後で整形したい。。

【14-B-1】「やる気を引き出す組織風土のつくり方」

講演者:サイバーエージェントの藤田 晋社長
前提
  • 業績が伸びている
  • 社員が十分な対価を得られていること

組織

  • 20-30代が大半。40代は 3%
  • ポジティブな社員がマジョリティ
  • 抜擢は実績以上に人格を重視
人事
  • CA8:2年毎に1〜3人取締役を入れ替える
  • CAJJ制度:事業の利益規模によってJ1〜J5
  • あした会議:取締役と選抜された社員が、新規事業や課題解決を提案する合宿
  • 社内キャリアエージェント:→適材適所に全力を尽くす
社風
  • 社員総会:活躍した社員を表彰する
  • オープンなSNS活用
  • 飲みニケーション
  • 社内結婚が多い
  • 若手の抜擢:新卒入社の子会社取締役数42名
効果がありそうでないもの
  • 離職率の低さ
  • ストック・オプション:タイミングによって必ずしも優秀な人が報われるわけではない。辞めるタイミングができてしまう
  • 美人が多い?
  • にんじんボーナス
  • 仕事とプライベートの切り分け
まとめ
  • 空気が大事

【14-B-2】「グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在」

過去の話
  • データ欲しい人が増えてきた
  • (ディレクター等への)データ提供が正直しんどくなってきた
GREEデータ分析基板
  • コンセプト
    • Accessability
    • Scalability
  • ゲーム
    • Treasure Dataベース(ゲームへのアクセスログ)
  • GREE Platform
    • Hadoopベース(ゲームからAPIへのログ、ユーザ情報)

ゲームのデータ分析基板

  • Treasure Data
  • データについて
    • 約20ゲームタイトル
    • Webサーバー 2000台以上
    • log aggregator サーバー 40台以上
    • 送信データ量 1TB/月
  • アクセス遷移分析
    • ページ遷移:起点のページから何割のユーザーが目的のページに到達したか
    • 離脱
    • クリック:ページ内のどこがクリックされたか
      • 実際の画面にオーバーレイ表示
  • ジョブ管理ツール
    • データを社内に開放したことで、非効率なジョブが大量に投げ込まれる
    • →ジョブのモニタリングと管理が重要
      • ジョブの可視化
      • 強制 kill
GREE Platformのデータ分析基板
  • 利用状況
    • 5000ジョブ/日
    • 60TB
    • 130ユーザ(ほとんどが非エンジニア)

【14-B-3】「モバイル版グーグルマップのUXはいかにして作られたのか?」

概要
  • どのようなプロセスでデザインを決定したのか?
  • 日本人がいかにしてコミュニケーションをとったのか?
グーグルのデザインの特徴
  • グーグルの検索結果の1ページ目:原稿用紙5枚分、多くの人は10秒以内に次のページへ
  • 検索キーワドに応じて、地図、ニュースなどを推測して検索結果のトップに表示
  • ユーザーが何を求めているかを推測して賢く表示
グーグルの開発チームについて
  • PM、Eng、UX
    • UXはプロジェクトの初期から携わる
  • UXメンバー構成
    • UXデザイナー、ビジュアルデザイナー、ユーザーリサーチャー、リクルーター、ウェブディベロッパー、コピーライター
    • 世界中で活躍
  • 世界中のPM、Eng、UXが協力して1つのチームに
グーグルマップのUXがいかに作られたか
  • 機能が多くなった結果、グーグルマップを作り直すことに
  • コンセプト:地図を中心にしたアプリケーションに戻す
  • 乗り換えページ
    • トップ画面から時刻の情報を取り除いた
    • 目的地を入力すると、現在時刻からの検索結果を表示(モバイルの性質)
  • 世界中の人とコミュニケーションをとって開発
    • 例:アメリカは電車が時間通りに来ないから時刻は薄くして欲しい
    • どうやって意見をまとめていったか
      • 基本的には、全会一致。どうしても決まらない時はリーダーが決定することも。
      • チームメイトを信頼する
        • 直接会って、相手のことを知る:10分だけでも、ランチするだけでもよい
        • ヴァーチャルコーヒー:テーマを決めずにミーティングする
        • メールを書く:きちんと伝えられる、深く考えていることを知ってもらう
          • 英語が苦手だと会話では上手くコミュニケーションとれないことがあるため
  • まとめ
    • ディスカッションが頻繁に行われた
    • フラットな関係で意見を言い合えた
    • 上の2つにより、開発前に様々なシミュレーションができた
    • 短期間で開発
スクリーンの前で歩きながら発表するスタイルが特徴だった

【14-C-4】「DeNAにおけるゲーム以外の新規事業の立ち上げ方」

講演者:エンターテイメント事業本部(非ゲームの新規事業の開発)
サービス紹介
  • マンガボックス
  • Showroom
    • アイドルやタレントのパフォーマンスをライブ配信
  • チラシル
  • 他多数
  • 上記サービスを1つの部署で開発

ものづくりの進め方

  • スクラムの守破離
    • 現在のメンバーのほとんどが1年前にスクラムを経験
    • スクラムを忠実に実行するにはコストがかかる(バックログなどを全てアナログで)
  • 工夫してみたこと
    • 専任のスクラムマスターをやめる
    • タスクの粒度は荒く、ストーリーポイントは振らない
    • バーンダウンは排除
    • タスク管理は各チームやりやすい方法で(Git/アナログ/GoogleDocs)
  • 少人数体制
  • 結果
    • デイリースタンドアップがプランニングと振り返りも兼ねる
    • 開発の遅れもあまりなかった
  • 人が増えたら、進捗遅延や意思疎通など、従来の問題が出てくる

フィードバックの例

  • チラシル(ターゲット:主婦)
    • アルバイト募集で出を集める
    • モックアプリをインストールしてもらう
    • 2-3週間、利用し続けてもらい、リモートで感想を聞く
  • アプリゼミ(ターゲット:小学生)
    • 小学生と親にオフィスに来てもらいモックを使ってもらって評価
    • このサイクルを何回も繰り返す
  • Peko!(ターゲット:USの大学生)
    • USの大学前でテスターを勧誘(200人)
    • 2週間ぐらい使ってもらい、分析ログを分析。
    • ヘビーユーザーはユーザーインタビューも実施
    • Facebookログインは、事前にユーザーに聞くと半分は使わないと答えるが、実際に計測すると8割は使う

どこまでエンジニアが関与

  • 9サービス中4サービスはエンジニアが事業計画を立案
技術面の話
  • サーバアプリケーション
    • リードエンジニアが好きに使いたいフレームワークやミドルウェアを決定(今はPerlが多い)
  • インフラ
    • コスト優位な部分ではAWSも積極的に活用(海外とか)
  • スケーラビリティ
    • どんなにスモールスタートでも確保必須
    • 原則、ユーザが集まる前提で企画/開発
  • GitHub Enterprise
    • 各チームの各リポジトリをエンジニア全員がWatch
  • ネイティブアプリ
    • まずはどちらか一方だけ集中開発してリリース
    • スケールしそうになったらもう片方の開発を始める
    • iOSのバージョン:最近はiOS7専用が多い
  • 通知
    • コミュニケーションスピードが年々上がってきている
    • 通知のために常時接続
プロモーション
  • オーガニックの流入は、よくて30-40DL/日
  • 広告出稿してユーザを流入させ、効果測定を行う

1年経ってみて

  • 余計なことを考えずに、コトに向かうことが最重要
  • ひたすらフィードバックループを回して、コツコツ前に進む(銀の弾丸はない)

【14-A-5】「エンジニアだからできる 自由な生き方」

講演者:IKEAの人、風呂の人
※話が面白くてメモがあまり取れま(取りま)せんでした
  • 自由とは何か
    • 自己決定権
      • 所属する社会を選ぶ(何かを捨てる)
      • フリーランスもノマドも自由じゃない
        • 時間配分は自由かもしれないが、成果物は自分で決定できない
  • なぜ自由になりたいのか
    • 好きなモノを作りたいから
    • 大きなものを作るには多くのthe dotsが必要
  • 自分の自由を価値に繋げて社会に認めて貰う
  • リスクをコントロールするため積極的にチャレンジをしよう
  • 10年後に自分がどうなりたいのか
  • 自由は闘って勝ち取る!
所感
  • スマホアプリのクリック率を分析しよう
  • dots をたくさんバラ撒こう
  • 2日目は刺激的なセッションが多かった!(宣伝感もあまりなかった)